2024年度の

狂犬病予防接種

フィラリア予防

混合ワクチン、健康診断など受付中!

予約する

専門性の

高い診療を

もっと身近に

土曜・日曜日・祝日も通常診療、神楽坂駅から徒歩1分
新宿区神楽坂エリアの犬猫の動物病院

専門性の

高い診療を

もっと身近に

土曜・日曜日・祝日も通常診療、神楽坂駅から徒歩1分
新宿区神楽坂エリアの犬猫の動物病院

神楽坂動物病院

phone

050-3528-8527

毎週水曜日〜日曜日(9:00〜18:00)

来院検討・費用など、お気軽にご相談ください

※元気/食欲がない、異物誤飲、呼吸が荒い等の

緊急の場合はお電話ください

受診の予約はこちら

動物医療センター

Pecoグループの特徴

FEATURES

01

かかりつけ担当医+専門医

の「チーム医療」体制

動物医療も人と同じように、診療科を分け

ることで、質の高い医療を提供していきた

い。

そんな想いから、当院では

かかりつけ担当

医と専門医の「チーム医療」体制

をとって

います。

予防接種や症状の相談をかかりつけ医が担

当しつつも、専門性が必要な病気の疑いが

ある場合は、速やかにグループ内の専門医

チームと連携いたします。

一人の知識や経験に頼らず、複数の専門医

と連携をとることで質の高い診断・治療

ができるよう努めてまいります。

飼い主さま

Pecoグループの「チーム医療」体制

かかりつけ担当医

+

内科

大野 耕一

アジア獣医内科

設立専門医

外科

藤田 淳

日本小動物外科

専門医

皮膚科

村山 信雄

アジア獣医皮膚科

設立専門医

歯科

奥田 綾子

米国獣医歯科

専門医

病理科

中山 裕之

日本獣医病理学

専門家

専門医チーム

※専門医チームの診察や、入院・手術など

は原宿センター病院にて行います。

02

年中無休の安心見守り体制

動物医療センターPecoグループは

週7日

休みなく診察を受けることができます。

年末年始や夜間に体調を崩された場合も、

Pecoグループ連携病院にて診察を受ける

ことができます。

Pecoグループ診療日

原宿センター病院

神楽坂動物病院

-

-

診療時間:9:00-13:00/14:00-18:00

夜間診療時間:20:00-9:00(Pecoグループ連携病院)

03

おやつを食べながら

リラックスして診察

行動診療担当

作原 佐世子獣医師監修

動物たちに病院をもっと好きな場所になっ

てもらい、できるだけストレスのない診察

を受けてもらいたい。

そんな想いから、当院では

無料のおやつを

ご用意。診察室や待合室でおやつを食べて

もらうことをおすすめ

しております。

もちろん、いつも食べている大好きなおや

つなどございましたら、ぜひご持参くださ

い。

来院検討・費用など、お気軽にご相談ください

※元気/食欲がない、異物誤飲、呼吸が荒い等の

緊急の場合はお電話ください

受診の予約はこちら

神楽坂動物病院とは

ABOUT KAGURAZAKA AH

獣医師紹介

橋ヶ谷 文乃

AYANO HASHIGAYA

常勤獣医師/酪農学園大学卒

総合診療をこれまで10年以上経験。

総合診療

はじめまして、神楽坂動物病院獣医師の橋

ヶ谷です。当院では、日頃のケアから症状

の相談まで、気軽に相談できる場を提供し

たいという想いで日々診療を行なって参り

ます。多くの動物に質の高い医療を提供で

きるよう、グループ全体で努力して参りま

すので、どうぞよろしくお願いいたしま

す。

神楽坂動物病院への

アクセス

ACCESS

ACCESS:

■電車をご利用の場合

東西線「神楽坂駅」2番出口 徒歩1分

都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口 徒歩8分

有楽町線「江戸川橋駅」3番出口 徒歩9分

都営大江戸線「牛込柳町駅」東口 徒歩14分

JR総武線「飯田橋駅」西口 徒歩15分

患者様ご来院エリア:

新宿区 神楽坂 矢来町  弁天町 南榎町 北山伏町 横寺

町 早稲田

文京区 水道 春日 小石川 目白台 小日向

千代田区 飯田橋 市ヶ谷 富士見 麹町

来院検討・費用など、お気軽にご相談ください

※元気/食欲がない、異物誤飲、呼吸が荒い等の

緊急の場合はお電話ください

受診の予約はこちら

原宿センター病院

について

ABOUT HARAJUKU AMC

施設紹介

エントランス

正面玄関からお入りいただくと、総合待合、総合受付がございます。
動物に「病院=好きな場所」になって欲しい、という想いから、診察や検査のときにおやつを食べながら、診療を受けていただくことができます。また診察がなくても、気軽におやつを食べに立ち寄っていただけるようにしております。

犬専用・猫専用待合

待合室では犬と猫が分かれて過ごすことが出来ます。
少しでもストレスを軽減するために、横並びの椅子で、動物同士の視線が合いづらいようにしております。

診察室・処置スペース

診察室、処置スペースともに、犬と猫で別々の場所になるよう設計されております。
犬専用・猫専用の合計6つの診察室があり、大型犬に対応の診察室もございます。

手術・入院

原宿センター病院での対応可能な手術に限りが

あるため、予約時にお問合せください

手術室

麻酔心電モニターや人工呼吸器、最新の高周波発生装置(電気メス)などを備えた手術室で手術を行います。

手術準備・回復室

手術を受ける動物の準備を、独立した部屋で行うことで、感染症対策を徹底しております。

また手術後の動物の麻酔からの回復も行います。

入院・集中治療室(ICU)

入院・集中治療室(ICU)にて、動物が回復するのを獣医師・看護師が見守ります。

ICUでは、酸素濃度や気温、湿度を調整することができます。

医療機器のご紹介

獣医療チームのご紹介

CT検査装置

体の周囲を360度を回転しながら連続でX線撮影することで、断面や3D画像を作り出すことができます。主に骨格や臓器の評価、腫瘍などの病変の把握に利用します。

超音波診断装置

心臓や肺などの胸部の臓器や、肝臓や腎臓などの腹部の臓器の状態をリアルタイムで捉えることができます。麻酔無しで動物の内部を観察することができます。

X線撮影装置

身体の様々な部位を撮影することで、骨折や関節の異常、異物の有無や様々な臓器の異常などを客観的に評価することができます。


内視鏡・オトスコープ

胃や腸を観察したり、組織を採取することで病気の診断に繋げることができます。また、手術をせずに異物を除去したり、ポリープを切除するなどの治療を行うこともできます。


血液化学検査機器

血液化学検査によって、肝臓、腎臓などの臓器の状態や、炎症の程度、ホルモンの異常がないかなどを評価することができます。


全自動血球計数器

血液中の赤血球数や白血球数、血小板数などを自動で測定します。貧血の程度、感染や炎症の有無を評価することができます。


血液凝固分析装置

手術前、肝疾患および重症疾患時などに、血液凝固分析装置を用いて、出血の危険性を評価することができます。


血液ガス分析装置

呼吸器、腎臓および重症疾患時などに、血液ガス分析装置を用いて、血液中のpH、重炭酸、二酸化炭素などを測定することで、ガス交換の状態や血液中のバランスを評価することができます。


尿検査機器

尿比重や尿中に出てくる様々な物質を計測し、膀胱炎や腎臓病などの病気を発見するのを助けてくれます。

モニター付き顕微鏡

血液、尿、糞便など様々な試料を拡大し、詳細に観察いたします。モニターを通して、評価を共有します。

眼科検査装置

スリットランプを用いて、目の表面や内部を詳細に観察することができます。また最新の眼圧計を用いて、動物の負担少なく眼圧を測定することができます。

歯科処置機器

エアータービンやマイクロエンジン、超音波スケーラーなどのハンドピースが付いた歯科ユニットです。歯科処置を効率よく進めることができます。

歯科用レントゲン

歯科処置を行なう際にレントゲン検査は必須です。歯周組織や歯髄、顎の骨の状態を確認するために使用します。

超音波スケーラー

超音波振動により、主に歯石を除去するのに使用します。歯科ユニットのスケーラーと単体のスケーラーを用途によって合わせて使い分けています。

心電図解析装置

心臓の電気の流れを記録し、解析することで、心疾患や不整脈の診断につながることができます。

ホルター心電図

小型の心電図を装着し、およそ3日間通常通りの生活を行って頂きます。それにより院内で検出できない時間帯の不整脈を診断する事が可能になります。

サンダービート

高周波電流と超音波エネルギーを同時に使い、血管を迅速に封止・切離する機器です。手術時間の短縮が可能となります。

凍結治療装置(クリヨペン)

皮膚、眼瞼、肛門周囲などの病変組織を凍結し、自然に壊死・脱落させる凍結治療に使用します。

大野 耕一

内科(消化器、免疫介在性疾患等)

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学准教授、東京大学動物医療センター 内科学診療科 消化器科長を経て、当院院長に就任

アジア獣医内科設立専門医

藤田 淳

外科(軟部組織外科)

獣医師(北海道大学卒)

東京大学動物医療センター 外科系 診療科 特任助教、及び当院外科責任者に就任

日本小動物外科専門医

細谷 芽里

軟部組織外科・総合診療

獣医師(北里大学卒)

3ヶ所の動物病院にて救急・総合診療を、その後、二次診療・救急動物病院にて軟部組織外科を中心に経験し、当院軟部組織外科担当者に就任

日本獣医麻酔外科学会所属

多喜 翔平

整形外科・総合診療

獣医師(麻布大学卒)

動物病院グループにて分院長、整形外科専門診療に従事し年間約100件の整形外科手術を執刀を経験し、当院整形外科担当に就任

麻布大学附属動物病院整形外科レジデント、

日本獣医麻酔外科学会所属

中山 裕之

病理科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学教授、東京大学動物医療

センター長、日本獣医病理学専門

家協会理事長を経て当院病理科担当、及び当院グループ統括長に就任

東京大学名誉教授、日本獣医病理学専門家

作原 佐世子

総合診療・歯科・行動診療科

獣医師(北里大学卒)

東京大学動物医療センターの研修を修了総合診療として内科を中心に、これまで20年以上診療を経験し、当院に参画

日本獣医動物行動学研究会所属

河口 貴恵

循環器科・総合診療

獣医師(岐阜大学大学院修了)

獣医学博士、3つの病院で総合診療を、関東6病院で循環器専門診療を経験し、当院の循環器科担当に就任

日本獣医循環器学会所属

鈴木 敬子

内科(消化器・泌尿生殖器等)

獣医師(北里大学卒)

動物病院にて総合診療を経験後、日本動物高度医療センターで

高度医療を10年間以上経験(消化器・泌尿生生殖器科)し、当院に参画

日本獣医腎泌尿器学会所属

神野 友輔

総合診療・画像診断科

獣医師(日本獣医生命科学大卒)

総合診療・画像診断を中心に、これまで10年以上診療を経験し、当院に参画。

CT等の画像診断科を担当

目澤 咲綾

総合診療

獣医師(日本獣医生命科学大卒)

大学で心臓/腎臓の研究に従事し、卒後、総合診療として数多くの症例を経験。丁寧な診察を心掛け、全ては動物のため、そしてそのご家族のために精一杯努めて参ります。

日本獣医腎泌尿器学会所属

佐久間 龍之助

総合診療・外科

獣医師(麻布大卒)

日本小動物医療センター画像診断科にて研修を修了、動物病院にて外科・総合診療・画像診断を中心に経験し、当院に参画

長濱 麻子

麻酔科・集中治療科

獣医師(麻布大学卒)

一次動物病院、内科専門動物病院、救急動物病院を経験し、当院の麻酔科・集中治療科担当に就任

日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会所属

阿島 麻里子

総合診療

獣医師(東京大学卒)

東京都内の動物病院で総合診療として内科を中心に経験し、当院に参画

村山 信雄

皮膚科

獣医師(岐阜大学大学院修了)

複数の動物病院勤務などを経て、犬猫の皮膚科専門「犬と猫の皮膚科」の院長、及び当院皮膚科担当に就任

アジア獣医皮膚科設立専門医

奥田 綾子

歯科

獣医師(麻布大学卒)

歯学博士、獣医歯科口腔外科専門病院「Vettec Dentistry」の院長、及び当院歯科担当に就任

米国獣医歯科専門医

石塚 友人

麻酔科・集中治療科

獣医師(酪農学園大大学院修了)

北海道大学附属動物病院麻酔集中治療科特任助教、麻酔科・集中治療科を中心にこれまで10年以上診療を経験し、当院麻酔科・集中治療科担当に就任

日本動物麻酔科医協会理事

佐々木 伸雄

整形外科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学動物医療センター長、アジア獣医外科学会会長、獣医事審議会会長、動物看護師統一認定機構長、日本獣医学会理事長経て、当院獣医学研究所に参画

東京大学名誉教授

動物医療センターPeco

グループについて

ABOUT AMC Peco GROUP

グループ統括長紹介

中山 裕之

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学教授、東京大学附属動物医

療センター長、日本獣医学会理事

長、日本獣医病理学専門家協会理事

長を経て参画。

東京大学名誉教授、農学博士。

グループ統括長あいさつ

動物医療センターPecoグループ統括長の中

山です。

大学にて獣医学の教育、研究・病理診断に

携わって参りましたが、この度グループ統

括長という立場から獣医療に関わることと

なりました。より適切な獣医療を多くの動

物に届けられるよう、グループ全体で連携

を密にして尽力いたします。

よくある来院理由の例

REASONS TO VISIT

食欲・元気がない、高齢になり痩せてきた

鼻水、くしゃみ、咳が気になる

目やに、目の色が白く濁ってきた等が気になる

血尿・頻尿などが気になる

愛猫・愛犬の腎臓の状態が気になる

下痢、血便、軟便、嘔吐などの消化器症状がある

皮膚のかゆみ、赤み、脱毛、しこりが気になる

足を引きずっている、抱きかかえるとキャンと鳴く

しばらく病気が改善せず、セカンドオピニオンや専門的な治療を受けたい

爪切り、肛門腺絞りなどのペットケアを受けたい

予防接種・健康診断・ノミダニ/フィラリア予防を受けたい

よくある質問

FAQ

診察の費用について事前に確認できます

か?

はい、お電話などで診察の費用を事前にご

確認いただけます。

代表的なものは下記です。

■ワクチン接種費用(税込)

【犬】

5種混合ワクチン 8,800円

7種混合ワクチン 9,900円

ワクチン抗体検査 7,920円

狂犬病ワクチン 3,300円

【猫】

3種混合ワクチン 4,950円

ワクチン抗体検査 7,920円

■初診の診察費用(税込)

当院を初めて受診される方は、下記の費用

がかかります。

カルテ新規開設料(初回のみ) 1,100円

初診料(診察料+身体検査料) 4,950円

※爪切り等の診察が不要の場合は上記代金

はかかりません。

■病気の診察費用

病気や症状によって、どこまで検査をする

かによって異なりますが、おおよそ初回の

診察で2〜3万円前後の費用がかかります

■去勢避妊の手術費用(税込)

去勢避妊手術は、麻酔管理が徹底できる原

宿センター病院にて受診していただきま

す。

【犬】

去勢手術

 5kg未満 61,930円

 5kg以上10kg未満 64,350円

 10kg以上15kg未満 67,980円

 15kg以上 76,450円

避妊手術

 5kg未満 76,120円

 5kg以上10kg未満 83,490円

 10kg以上15kg未満 92,840円

 15kg以上 109,450円

※術前検査費用と手術費用込のパッケー

ジ金額です。

【猫】

去勢手術 58,300円

避妊手術 67,100円

※術前検査費用と手術費用込のパッケー

ジ金額です。

当日の診察もできますか?

可能です。緊急の場合はお電話ください。

受診すべきか相談したいのですが、可能で

すか?

はい、動物の状態の緊急度や処置内容に応

じて、予約を調整できることもございます

ので、お電話にてご連絡ください。

決済手段は何がありますか?

当院は、クレジットカードのみでのお支払

いとなります。クレジットカードは事前に

インターネットよりご登録いただきます。

事前に登録いただくため、診察が終了した

ら、すぐにお帰りいただけます。

クレジットカードは、VISA、

Mastercard、AMERICAN EXPRESS、

Diners Club、JCBなど各種対応してござ

います。

ペット保険は使えますでしょうか?

各種ペット保険をご利用いただけます。

アニコム、アイペットの保険は窓口精算が

可能です。

神楽坂動物病院か、原宿センター病院の

どちらに行ったら良いのですか?

当院は病院間で連携を取っているため、神

楽坂動物病院、または、原宿センター病院

のお近くの病院へお尋ねください。

ただし、緊急の場合や、判断に迷う場合は

来院前にお電話にてご相談ください。

専門医は指名できるのですか?

飼い主様のご要望での専門医の指名は承っ

ておりません。

かかりつけ担当医のもとへ受診していただ

き、かかりつけ担当医の判断で専門医と連

携をして診察を行います。

駐車場はありますか?

当院専用の駐車場はございませんので、当

院近隣のコインパーキングへと駐車願いま

す。

最寄りのコインパーキングは下記です。

NTTル・パルク矢来町第1駐車場

住所:東京都新宿区矢来町128−1

台数:8台

タイムズ矢来町

住所:東京都新宿区矢来町109

台数:14台

来院検討・費用など、お気軽にご相談ください

phone

050-3528-8527

受付時間:9:00~18:00/年中無休

※元気/食欲がない、異物誤飲、呼吸が荒い等の

緊急の場合はお電話ください

受診の予約はこちら